さくらさく

ここツボ18

沼津のさくらも満開ですね。

さて、そんな今日は「さくらさく」のおはなし。

 

 

「SAKURASAKU glass」

外気とグラス内部の温度差で生じる結露の現象によって、

卓上に桜の花が咲くグラスです。

形や機能だけでなく使用する事で生じる現象をも美しく見せることで、

邪魔にさえ思えた水滴が普段の生活にささやかな楽しみを

もたらしてくれる大切な存在になるかもしれません。

 

 

item01

ツボイくんが代表である「株式会社100percent」

今でこそたくさんの商品があるけれど

はじまりはこの「さくらさく」でした。

 

 

デザイナーはツボイくんの弟さん。

この弟さんのアイデアを見てアメリカから帰国したツボイくん

 

「よしやってみよう!」と一念発起。

 

2006年からつくりはじめ2008年の春に販売するまで

試行錯誤の繰り返し、さまざまな試練があったそう。

 

 

それこそ今はいろんな繋がりがあるけれど

当時は右も左もわからない状態。

工場を探すのもとても大変だったよ、とツボイくん。

 

金型ひとつにとっても値段交渉含め

なんどもなんども工場へ直接足を運んだり

受け取りの商品も自分自身で行ったりしていたそうです。

 

ちなみに

そのころから今までも工場はいろいろと変わっているそうです。

今でも進化し続けているんですね。

 

 

 

 

さくらの水滴の美しさはもちろんのこと

実物を触って頂けるとおわかり頂けると思うのですが

ガラス自体がとっても薄いんです。

 

なので口当たりも良いですし

底のさくらの形に向かっての曲線がとても美しいんですね。

Sakurasaku Glass_07 のコピー

 

 

この技術すごいですよね!

江戸川伝統工芸士の認定を受ける職人さんによる手作りなんです。

yanaiglass-13 のコピー

※さくらさく製作途中の様子

 

 

今まで煩わしかった結露…

(私は水滴がテーブルにあるとふきふきしちゃいます)

それがほっこり優しい楽しい気持ちにさせてくれるなんて

目から鱗な素敵なアイデアですよね。

 

さくらの水滴というよりも、さくらの足跡って感じでしょうか。

SAKURASAKU glass_02 のコピー

さくらが満開のこの季節にぴったりな「さくらさく」

結婚式の引き出物、結婚や新居のお祝いなどにも

とても人気のある商品です。

 

<Missionista ONLINE STOREでも販売中です>

画像から購入ページにリンクできます。

タンブラ_紅白